Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

地域情報の自動挿入

地域情報の自動挿入とは、広告が表示される際にインターネットユーザーの所在地やよく訪れる地域、関心を示した地域に合わせた地域情報を自動的に挿入する機能です。

アセットへの入力形式
地域情報の自動挿入を利用した広告の表示イメージ

アセットへの入力形式

レスポンシブ検索広告に地域情報を自動挿入する場合は、以下の形式でアセットに入力します。

{LOCATION(地域の種別):デフォルトテキスト}

関数全体は中かっこ{ }で囲み、次に丸かっこ( )で地域の種別を指定します。
地域の種別は国(Country)、都道府県(State)、市区郡(City)の3つのレベルを指定できます。

挿入する地域の種別によって、以下のようにアセットへ入力します。

地域の種別入力形式
市区郡{LOCATION(City)}
{LOCATION(City):デフォルトテキスト}
都道府県{LOCATION(State)}
{LOCATION(State):デフォルトテキスト}
国名{LOCATION(Country)}
{LOCATION(Country):デフォルトテキスト}
  • 大文字・小文字の区別も含めて上記の通りに入力してください。
  • デフォルトテキストは省略可能です。
  • 文字数は以下のようにカウントされます。
    -デフォルトテキストあり:デフォルトテキストの文字数
    -デフォルトテキストなし:全角5文字(10バイト)
ヒント
デフォルトテキストとは、広告に埋め込み関数による文言の自動挿入を行う際に設定するテキストです。自動挿入によってタイトル広告掲載面に表示される広告の一部で、広告の文頭として、説明文、表示URL等とセットで表示されます。・説明文の規定文字数を超えてしまう場合や、自動挿入が何らかの理由で行われない場合に、デフォルトテキストが広告文に挿入されます。

地域情報の自動挿入を利用した広告の表示イメージ

例:東京都内の賃貸マンションを扱っており、ユーザーに合わせた市区郡を挿入したい

タイトル
 アセット1:{LOCATION(City):東京都}の賃貸マンション
 アセット2:豊富な物件情報から簡単検索
 アセット3:〇△不動産におまかせ

表示される広告の例
 渋谷区の賃貸マンション|〇△不動産におまかせ|豊富な物件情報から簡単検索

※「渋谷区」がユーザーに合わせて自動挿入された地域情報に該当します。