Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

広告の作成:レスポンシブ検索広告(PC・スマートフォン・タブレット用)

レスポンシブ検索広告は、キャンペーンタイプが「標準キャンペーン」の場合に作成できます。

PC・スマートフォン・タブレット用のレスポンシブ検索広告の作成方法は、以下のとおりです。

広告を作成する

操作手順
  1. 広告管理ツールの「検索広告」タブをクリックし、「キャンペーン管理」タブをクリックします。
    検索広告
  2. 「広告」をクリックして「広告作成」ボタンを押します。
    広告作成
  3. 「対象を選択」で広告を登録するキャンペーン(標準キャンペーン)と広告グループを選択します。末尾に「(標準)」と記載されたキャンペーンを選択してください。
    キャンペーン選択
  4. 「広告タイプ」で「レスポンシブ検索広告」を選択します。
    レスポンシブ検索広告
  5. 必要な内容を入力します。赤い「*」が表示されている項目は入力が必須です。
    作成画面
    • 広告名:広告が識別できるような名称をつけます。
    • 広告のプレビュー:Yahoo! JAPANのメイン検索での掲載イメージを確認できます。
      ※表示形式は広告掲載面によって異なります。また、予告なく変更される場合があります。
      ※プレビューは、入稿したアセットで作成される広告のサンプルが表示されます。全ての組み合わせが表示されるわけではありません。
    • タイトル広告掲載面に表示される広告の一部で、広告の文頭として、説明文、表示URL等とセットで表示されます。1(アセット)〜タイトル15(アセット):タイトルを3~15個作成します。作成したタイトルは、広告配信時に自動的に組み合わされます。
      1つのタイトルは全角15文字(半角30文字)以内で入力してください。
      ヒント
      ・入稿したアセットから自動的に広告文を選択するため、アセット同士を組み合わせた際に文言の重複や完結しない内容のタイトルとならないようご注意ください。入稿例などは「レスポンシブ検索広告とは」を参照してください。
      ・埋め込み関数を利用して、タイトルのテキストを自動的に変更できます。詳細は、「広告で使用できる埋め込み関数」を参照してください。
    • 表示位置の固定:タイトルに表示される際のアセットの表示位置を固定できます。固定しない、1番目、2番目、3番目から選択します。
      ご注意
      ・表示位置の固定を設定した場合、その位置には固定したアセットのみが表示されます。また、複数のアセットを同じ位置に固定設定した場合は、その位置には複数のアセットのうちのどれか一つのみが表示されます。
      ・広告効果を高めるため、表示位置は「固定しない」でのご利用を推奨します。広告掲載基準で表示記載が定められている内容がある場合など、必要な場合のみご利用ください。
      表示位置の固定
    • 説明文1(アセット)〜説明文4(アセット):説明文(アセット)を2~4個作成します。作成した説明文は、広告配信時に自動的に組み合わされます。
      1つの説明文は全角45文字(半角90文字)以内で入力してください。
      ヒント
      ・入稿したアセットから自動的に広告文を選択するため、アセット同士を組み合わせた際に文言の重複や完結しない内容の説明文とならないようご注意ください。入稿例などは「レスポンシブ検索広告とは」を参照してください。
      ・埋め込み関数を利用して、説明文のテキストを自動的に変更できます。詳細は、「広告で使用できる埋め込み関数」を参照してください。
    • 表示位置の固定:説明文に表示される際のアセットの表示位置を固定できます。固定しない、1番目、2番目から選択します。
      ご注意
      ・表示位置の固定を設定した場合、その位置には固定したアセットのみが表示されます。また、複数のアセットを同じ位置に固定設定した場合は、その位置には複数のアセットのうちのどれか一つのみが表示されます。
      ・広告効果を高めるため、表示位置は「固定しない」でのご利用を推奨します。広告掲載基準で表示記載が定められている内容がある場合など、必要な場合のみご利用ください。
      表示位置の固定

    • 最終リンク先:ユーザーが広告をクリックしたときに表示されるページのURL(例:自社サイトのURLなど)を入力します。
    • 表示URLタイトル、説明文と一緒に広告として表示されるURLのことです。:表示URLは、検索された際に広告の一部として表示されるURLです。「最終リンク先URLユーザーが広告をクリックしたときに表示されるページのURLです。広告、キーワード、クイックリンクオプションに設定します。キャンペーンタイプが「動的検索連動型広告キャンペーン」の場合、キャンペーンに関連付けるページフィードに登録されたページURLが最終リンク先URLになります。」欄に入力した内容に応じて自動生成されます。
      表示URL
      自動生成された表示URLに、任意の語句をディレクトリとして2つまで設定できます。これにより、最終リンク先URLのページの内容を分かりやすく伝えられます。なお、ディレクトリ2を設定する場合は、ディレクトリ1の設定が必要です。ディレクトリ2のみの設定はできません。
      ディレクトリ
      ご注意
      ・広告作成の際、表示URLに登録できないURLがあります。
      ・広告配信時に、URLの一部を省略して「…」で表示する場合があります。
      ・一部の日本語URLは、広告配信時にPunycode日本語ドメインなどの国際化ドメイン名(英数字以外の文字を使用したドメイン名)を、英数字に変換する技術です。国際化ドメイン名であることを示すために、URLの最初は「xn--」から始まります。形式のURL(xn--で始まる半角英数字のURL)に変換される場合があります。
    • スマートフォン向けURL:ユーザーが広告をクリックしたときに表示されるページがPCとスマートフォンで異なる場合に、スマートフォン向けページのURLを入力します。
      スマートフォン向けページを持たない、またはURLが同じ場合は、設定不要です。
      ご注意
      ・広告作成の際、最終リンク先URLやスマートフォン向けURLに登録できないURLがあります。
      ・スマートフォン向けURLは、最終リンク先URLおよび表示URLとドメインが一致している必要があります。
    • URLオプション:トラッキングURLとカスタムパラメータを設定できます。詳細は、「トラッキング情報の管理について」を参照してください。
    • 配信設定:広告の配信オン/オフを選択できます。
      1つの広告グループ内で同時に配信オンに設定できるレスポンシブ検索広告は3件までです。既に3件の広告がオンの場合は、オフで新規広告を作成してください。

  6. 「保存」ボタンを押します。広告が作成されます。
    ヒント
    広告作成の画面から、同一広告グループ内の既存の広告をコピーできます。
    画面右側の「広告グループに保存されている広告」で、コピーする広告の上に表示されている「コピー」をクリックします。既存の広告が入力欄にコピーされるので、必要に応じて変更します。
    なお、広告グループ内で最初に広告を作成する場合は、この機能は利用できません。
    コピー
    ご注意
    広告作成画面で「保存」ボタンを押した際に「この広告には、広告文での使用が制限されている商標が含まれている」という内容のメッセージが表示される場合は、「広告文への商標の使用制限について」を参照してください。
ご注意
広告の登録内容(タイトル、説明文、URL)は変更できません。作成完了後に広告の内容を編集する場合は、新たに広告を作成してください。また、不要となった広告は削除、もしくは配信設定をオフに変更してください。広告の削除、および配信設定の変更方法は、以下のページを参照してください。
作成した広告の削除
作成した広告の配信設定(オン/オフ)の変更
ヒント
・標準キャンペーンでは、他に「拡大テキスト広告PC・スマートフォン・タブレット用広告の入稿形式の一つです。長いタイトルや説明文を入れることで広告領域が広くなるため、インターネットユーザーに対して強くアピールすることが可能です。
さらに詳しく
」を作成できます。拡大テキスト広告の作成手順は「広告の作成:拡大テキスト広告(PC・スマートフォン・タブレット用)」を参照してください。
動的検索連動型広告あらかじめ指定したサイトのコンテンツと関連性の高い検索キーワードに対して、広告のタイトルを自動生成して配信する広告です。
さらに詳しく
、またはアプリダウンロード用広告スマートフォンやタブレットのアプリをプロモーションするための広告です。アプリ情報を登録した専用のキャンペーン配下に広告を作成し、スマートフォンとタブレットに配信します。
さらに詳しく(検索広告)
を作成する場合は、以下のページを参照してください。
 広告の作成(動的検索連動型広告)
 広告の作成(アプリダウンロード用広告)