Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

「自動運用ルール」画面では、自動運用ルールの作成や編集ができます。
「実行履歴」画面では、設定したルールに基づいた広告運用の実行状況や結果が確認できます。

自動運用ルール画面の構成
実行履歴画面の構成

自動運用ルール画面の構成

自動運用ルール画面

(1)「自動運用ルール新規作成」ボタン
自動運用ルールを新規に作成します。作成手順は「自動運用ルール」を参照してください。

(2)自動実行オン/オフ
自動運用の実行設定状況を表示します。クリックして設定内容を変更できます。
 オン(緑):自動運用ルールの定期的な実行が行われます
 オフ(白):定期実行は行われません

(3)ルール名
自動運用ルール名を表示します。自動運用ルール名をクリックするとルールの詳細画面が表示され、設定を編集できます。

(4)実行する内容
自動運用ルールの設定内容を表示します。
設定を変更する場合は、自動運用ルール名をクリックして編集画面から行います。

(5)実行頻度
設定した実行頻度を表示します。
頻度を変更する場合は、自動運用ルール名をクリックして編集画面から行います。

(6)最終更新日時
自動運用ルールを最後に更新した日時を表示します。

(7)ルールID
自動運用ルールを識別するIDを表示します。

実行履歴画面の構成

ルールの実行履歴は、実行後2カ月間表示されます。結果ファイルも、実行後2カ月間ダウンロードが可能です。
なお、自動運用ルールの実行によって配信のオン/オフなどの変更が行われた場合は、「ツール」の「操作履歴広告のオン/オフや入札価格変更など、広告管理ツール上で行った操作の履歴を参照できる機能です。取得期間を指定し、操作履歴をダウンロードすることも可能です。
さらに詳しく(検索広告)
さらに詳しく(運用型)
」に変更履歴として表示されます。ルールの実行と前後して手動でキャンペーンなどに変更を加えた場合に、どちらの操作が後に行われているか確認するときは、操作履歴をご確認ください。

実行履歴画面

(1)開始時間
自動運用の実行開始時間を表示します。

(2)ルール名
自動運用ルール名を表示します。

(3)実行状況
自動運用の実行状況を表示します。

(4)実行件数(成功)
自動運用が実行された結果、ルール通りに変更が実施されたアイテム数を表示します。

(5)実行件数(失敗)
自動運用が実行されたが、ルール通りの変更が行われなかったアイテム数を表示します。
エラーの詳細は、(8)の実行結果で出力するファイルで確認できます。

(6)実行時のルール
自動運用が実行された時点でのルールの設定内容を確認できます。iアイコンをクリックすると実行時のルールが表示されます。

ヒント
自動運用の実行後に該当のルールの設定内容を変更している場合、現時点でのルール設定内容を確認するには「ルール」画面の自動運用ルール名をクリックしてください。

(7)ルールID
自動運用ルールを識別するIDを表示します。

(8)実行結果
自動運用の実行対象となったアイテムの一覧をファイルで出力できます。変更内容とエラー内容を確認できます。