Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

自動運用ルールは、お客様が設定した運用ルールに基づいて広告運用を定期的に自動実行する機能です。
運用ルールをキャンペーン、広告グループまたは広告に関連付けることで、設定した条件に合致した場合や、指定した日付・曜日・時刻になった時に、目的とする動作(入札価格の変更など)が行われます。

自動運用ルールの設定例
自動運用ルール利用時の注意点

自動運用ルールの作成手順の詳細は、「自動運用ルールの作成」を参照してください。

自動運用ルールの設定例

※以下の設定例は、自動運用ルールの利用方法をお伝えするためのサンプルであり、実際の設定内容としておすすめしているものではありません。設定内容は、お客様の運用目的に沿ったものをご検討ください。

設定例1
■正月三が日の間に、正月限定セールの広告を配信する場合
1.正月用の広告を作成し、配信オフに設定する
2.期間の開始(例:1/1の0時頃)に合わせて広告を配信オンにするルール1を作成する
3.期間の終了(例:1/3の23時頃)に合わせて広告を配信オフにするルール2を作成する
<ルール設定内容>
ルール1
 実行する内容:広告の配信設定をオンにする
 関連付け設定:正月限定セールの広告に関連付ける
 実行頻度:1度のみ(20XX/1/1 0:00)
ルール2
 実行する内容:広告の配信設定をオフにする
 関連付け設定:正月限定セールの広告に関連付ける
 実行頻度:1度のみ(20XX/1/3 23:00)
例
設定例2
■成果の高い広告グループの入札価格を変更し、掲載機会を拡大したい。
毎日確認して変更するのは大変なので自動運用ルールで変更し工数を削減したい。
<ルール設定内容>
実行する内容:広告グループの入札価格・目標値を変更する
対象の課金方式または目標値:クリック課金(CPC)
変更後の入札価格・目標値:引き上げ 10%
引き上げ後の上限値:1500円
関連付け設定:アカウント内全ての広告グループに関連付ける
条件:コスト/コンバージョン数 1,000円以下、コンバージョン数 10回以上
条件の集計期間:過去7日間
実行頻度:毎日

自動運用ルール利用時の注意点

  • 指定した時刻にルールの実行(配信のオン/オフ)を行いますが、実際の配信への反映には時間がかかる場合があります。
  • アカウントの配信設定が「オフ」の場合、自動運用ルールは実行されません。
  • 対象のアイテムが以下に該当する場合、変更は行われません。
     -対象の入稿アイテムが削除済み
     -対象の入稿アイテムの上位階層(広告であれば、広告グループまたはキャンペーン)が削除済み
     -(ディスプレイ広告(予約型)のみ)ルール実行後、予約時に指定した「広告タイプ・アスペクト比」ごとに配信可能な広告が0件になる場合
  • 配信のオン/オフを設定した場合、指定した時刻にルールの実行を行いますが、実際の配信への反映には時間がかかる場合があります。
  • 広告管理ツールで変更できない設定内容は、自動運用ルールでも変更できません。
    広告グループ入札価格に、キャンペーン予算(日額)を超える金額は設定できません。
    自動運用ルールでも同様に、ルールで指定された広告グループ入札価格の引き上げを実行するとキャンペーン予算を上回る金額になる場合は、ルール実行時にエラーとなり変更されません。
    ※同時刻に複数のルール実行が設定されている場合、先に実行されたルールによる変更の結果、後から実行されるルールがエラーになる可能性があります。同時刻に複数ルールを登録する場合は設定内容にご注意ください。
  • ディスプレイ広告(予約型)で、追加した広告グループ配下の広告にルールを関連付ける場合は、以下のページのご注意欄をご確認ください。
    クリエイティブプロファイルについて