Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

iOSアプリのSKAdNetwork計測対応について

Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型)におけるアプリ訴求目的のキャンペーンでは、iOSアプリのSKAdNetwork計測に対応しています。

SKAdNetworkとは、Apple社が提供するiOSアプリ用の計測機能です。iOSのアップデートによりトラッキング制限が実施された状態でも、SKAdNetworkを利用することで、アプリのインストールやコンバージョンなどの計測が可能となります。
※SKAdNetworkについて、詳しくはApple社のサイト(外部サイト、英語)を参照してください。

SKAdNetwork計測を利用するには

現在、ディスプレイ広告ではSKAdNetwork計測による数値を取得する機能がありません。SKAdNetwork計測の数値を取得するには、同計測に対応したディスプレイ広告連携済みの広告効果測定ツール(以下、連携済みツール)の導入が必要です。連携済みツールで発行した計測用のURLを、アプリ訴求目的のキャンペーン配下で作成した広告のリンク先URLに設定することで、測定が可能になります。

現在利用できる連携済みツールは、以下のとおりです。

提供企業名

ツール名

必須パラメータ

adjust株式会社

Adjust

install_callback={installCallback}、idfa={ifa}

AppsFlyer

AppsFlyer

clickid={ci}、idfa={ifa}

※2021年4月更新(提供企業名50音・アルファベット順)
※利用可能なツールおよびパラメータは、予告なく変更になる場合があります。

利用方法等の詳細は、ツール提供企業へご確認ください。


SKAdNetwork計測対応での制限について

SKAdNetwork計測対応に伴い、iOSのアプリ訴求目的のキャンペーンにおいて、キャンペーン数など一部の制限を追加しました。詳細は以下のとおりです。

  • 同一のiOSアプリが対象のキャンペーンの場合
    - 1アカウントに付き、最大20キャンペーンまで配信オンに設定可能
    - 1企業で複数のアカウントを運用している場合は、1企業のアカウント内で最大20キャンペーンまで配信オンに設定可能
  • iOSアプリのインストール測定が可能な広告効果測定ツールは、1キャンペーンにつき1ツールのみ設定可能
    ※iOSアプリの訴求が目的のキャンペーン内で、最初に作成した広告のリンク先URLに設定した広告効果測定ツールが、キャンペーン全体で利用できる効果測定ツールとして固定されます。同じキャンペーン内に他ツールの計測URLを設定する広告は作成できません。また、最初に作成した広告のURLがappストアなど広告効果測定ツール以外のURLだった場合、そのキャンペーン内では広告効果測定ツールのURLを設定した広告は作成できません。
    ※2021年4月26日以前に作成されたiOSアプリの訴求が目的のキャンペーンでは、最も古い日時で作成された広告に設定した広告効果測定ツールが、そのキャンペーンで利用できるツールに設定されています。