Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

MCCアカウントでのサイトリターゲティングタグの取得とサイトへの設置

ご注意
本ページでは、広告アカウントをまたいでオーディエンスリストを利用する場合について説明しています。1つのアカウントで広告を運用する場合のサイトリターゲティングタグタグとは、特殊な記法によってウェブサイト内に記述され、情報の意味づけや分類などに用いられる短い単語・フレーズなどを指します。Yahoo!広告には、サイトに訪問したインターネットユーザーが購入や問い合わせなどの成果に至った件数を測定するコンバージョンタグや、サイトへの過去の訪問履歴をもとに広告を配信するサイトリターゲティングタグなどのタグがあります。また、それらのタグを一元管理できる「Yahoo!タグマネージャー」というサービスもあります。の取得と設置については、「サイトリターゲティングタグの取得とサイトへの設置」を参照してください。


MCCアカウントでオーディエンスリストを作成するには、事前に専用のタグ(サイトリターゲティングタグ)の取得が必要です。
MCCアカウントでサイトリターゲティングタグを取得した場合は、広告アカウント個別にタグを取得する必要はありません。

ヒント
ウェブサイト訪問ユーザー、条件のオーディエンスリストを作成する場合は、サイトリターゲティングタグの取得に加えて、広告主様のサイトの全ページにタグの設置が必要です。
サイトリターゲティングタグが設置されたページを訪問したユーザーの閲覧履歴を弊社のサーバーに蓄積することで、当該ページの訪問履歴があり、かつ検索サイトで商品やサービスを検索しているインターネットユーザーに対して広告を配信します。ユーザーの訪問履歴を蓄積するため、広告配信開始前に、サイトリターゲティングタグを広告主様のサイトへ設置してください。
MCCアカウントでのサイトリターゲティングタグの取得とサイトへの設置方法は、以下のとおりです。

MCCアカウントでのサイトリターゲティングタグの取得とサイトへの設置

操作手順
  1. 画面右上の「ツール」をクリックし、共有ライブラリーの「オーディエンスリスト(ディスプレイ広告)」をクリックします。
  2. 左サイドメニューの「オーディエンスソース」をクリックします。
    「サイトリターゲティングの利用を開始」画面が表示されます。
    ※本手順は初回のみです。
  3. 「オーディエンスリストターゲティング利用時の遵守事項」について規約の内容を確認した上で、「同意する」にチェックを入れ、「サイトリターゲティングタグの取得」ボタンを押します。

    ご注意
    広告データ利用基準では、広告主様のウェブサイト、アプリケーション等におけるユーザーの訪問・行動履歴情報を利用する広告商品をご利用になる場合、ユーザーに対して、データ取得の事実や利用目的などを説明することを定めています。
    ユーザーへの説明内容については、「プライバシーポリシーに必要な記載事項」を参照してください。
  4. 「カスタムオーディエンスID(リターゲティングID)」、および「サイトジェネラルタグ・サイトリターゲティングタグ」が表示されます。
    ヒント
    2回目以降、タグとIDを確認する場合は、画面左にあるサイドメニューで「オーディエンスソース」をクリックして、「タグ・IDを表示」ボタンを押してください。
  5. 「サイトジェネラルタグ・サイトリターゲティングタグ」欄に表示されているタグをコピーします。
    タグをコピー
  6. 手順4で取得したタグを、サイト内の全ページの終了タグ</body>の直前に貼り付けます。
    ご注意
    • すでに広告アカウント個別でウェブサイト訪問ユーザーのオーディエンスリスト利用中で、新たにオーディエンスリストの共有機能の利用する場合には、手順4で取得したタグを広告主様のサイトのページに追加で設置してください。また、オーディエンスリストの共有を行うことにより、広告アカウント個別のサイトリターゲティングタグが不要になった場合は、サイトから削除してください。
    • サイトリターゲティングタグが設置されていないページは、当該ページを訪問したユーザーの閲覧履歴情報が蓄積されません。タグは、サイト内の全ページに設置することをおすすめします。
    • お客様のウェブサイト上における、サイトリターゲティングタグの動作と管理に関しては、ウェブサイト所有者の責任の範囲内で行ってください。
  7. サイトリターゲティングタグを貼り付けたファイルを保存し、ウェブサーバーにアップロードします。