Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

ターゲティングごとに入札価格調整率を設定する

ディスプレイ広告(運用型)では、広告グループで設定したターゲティングに対して入札価格調整率を設定できます。

入札価格調整機能とは
機能の利用イメージ
入札価格調整機能の詳細
入札価格調整の設定手順

入札価格調整機能とは

基準となる入札価格に対して引き上げ率、引き下げ率を設定することで、広告配信の比重を調整できる機能です。広告グループ内のターゲティング設定ごとに入札価格を調整できるため、広告グループや広告を増やさずに、多彩な配信が可能になります。
広告グループに設定できる全てのターゲティングで入札価格調整機能を利用できます。

ご注意
  • サイトリターゲティングとプレイスメントターゲティングディスプレイ広告を配信する、または配信対象外とするウェブサイト(URL)を指定することで広告の配信先を制御できるターゲティング機能です。
    さらに詳しく(運用型)
    、コンテンツキーワードターゲティングにおいて、配信除外にした場合は入札価格調整率を設定できません。
  • キャンペーンの入札戦略で自動入札を設定している場合は、ターゲティングごとに設定した入札価格調整率は適用されません。

機能の利用イメージ

例:男性の商品購入率が高いので、入札価格を「男性:50円」「女性:40円」で設定したい。
<入札価格調整機能を設定しない場合>
以下の2つの広告グループを用意する。
(広告グループ1)
‐入札価格:「50円」
性別ターゲティングインターネットユーザーの性別(男性/女性)を限定して広告を配信する機能です。
さらに詳しく(運用型)
:「男性」
(広告グループ2)
‐入札価格:「40円」
‐性別ターゲティング:「女性」
→ターゲティング(男性/女性)ごとに広告グループを作成し、管理する必要があります。

<入札価格調整機能を設定した場合>
以下の広告グループを用意する。
(広告グループ1)
‐入札価格:「40円」
‐性別ターゲティング:「男性」(入札価格調整率:「25%」→入札価格は「50円」)
‐性別ターゲティング:「女性」(入札価格調整率:「0%」→入札価格は「40円」)
→入札価格調整機能を活用することで、ターゲティング(男性/女性)ごとに異なる入札価格を1つの広告グループで運用できます。

入札価格調整機能

入札価格調整機能の詳細

・入札価格調整率の設定範囲

引き上げ率:1%~100%(1%~100%の範囲で入札価格を高く設定)
引き下げ率:-1%~-90%(-1%~-90%の範囲で入札価格を低く設定)
※入札価格調整率に「0%」を設定すると、入札価格は調整されません
※1%単位、半角数字で設定します。

・入札価格調整率を設定した場合の入札価格の算出方法

広告グループ、または広告に設定した入札価格に対して、ターゲティングごとに設定した入札価格調整率を掛け合わせた結果が、最終的な入札価格になります。
最終的な入札価格の算出方法は、以下を参照してください。

<設定例>

項目設定値
広告グループの入札価格40円
性別男性+50%
年齢30~34歳+100%
地域東京都+20%
デバイス(デバイス)スマートフォン-50%

<算出例>
最終的な入札価格調整率=性別×年齢×地域×デバイス
→(50%+100%)×(100%+100%)×(20%+100%)×(-50%+100%)
→150%×200%×120%×50%=180%
入札価格=40円×180% = 72円

ヒント
以下のターゲティングにおいて、1人のインターネットユーザーが指定したリスト(カテゴリー)に複数マッチングした場合は、最大の入札価格調整率が適用されます。
・サイトリターゲティング
サーチキーワードターゲティングYahoo! JAPANの各種検索機能で過去にあるキーワードを検索したユーザーが、別の機会にディスプレイ広告が配信されるウェブページを訪れると、そのキーワードの検索履歴をもとに広告を配信する機能です。
さらに詳しく
・コンテンツキーワードターゲティング
・プレイスメントターゲティング
・オーディエンスカテゴリーターゲティング
サイトカテゴリーターゲティング特定のカテゴリーに属するサイト(広告掲載面)に広告を配信するターゲティング機能です。広告を掲載するサイトをカテゴリー別に分類し、該当カテゴリーのサイトを閲覧しているインターネットユーザーに対して、広告を配信できます。
さらに詳しく

例:
オーディエンスカテゴリーで、「旅行:+100%」「マンション:+20%」「ミニバン、ワンボックス:+50%」と設定した場合
→いずれのカテゴリーにも興味関心があるユーザーに適用される入札価格調整率は「100%(最大値)+100%=200%」になります。

入札価格調整率の設定手順

ターゲティングごとの入札価格調整率は、各ターゲティング一覧画面で設定します。手順は以下のとおりです。

ヒント
  • 入札価格調整率は、広告グループの作成画面、および編集画面では設定できません。
  • 年齢、性別、デバイス以外のターゲティングでは、広告グループで設定していないターゲティング項目は、ターゲティング一覧画面には表示されません。

入札価格調整率を設定する

操作手順
  1. サイドメニュー(設定項目)から対象のターゲティングをクリックします。
    サイドメニュー
  2. 入札価格調整率の設定内容にマウスオーバーすると編集アイコンが表示されます。編集アイコンをクリックします。
    編集アイコン
  3. 「引き上げ率」「引き下げ率」を選択し、入札価格調整率を入力します。
    入札価格調整率を入力
  4. 「適用」ボタンを押して保存します。
    適用
ヒント
  • 各ターゲティング一覧画面において一括で入札価格調整率を設定することも可能です。詳細は「広告管理ツール‐一括操作機能を使う」を参照してください。
  • 年齢または性別ターゲティングで推定ユーザーを選択した場合、設定した年齢、性別と推定ユーザーのそれぞれに、入札価格調整率を設定できます。以下は性別ターゲティングで「男性」と「男性(推定)」に異なる入札価格調整率を設定した例です。
    ※年齢(旧形式)、および性別ターゲティングの推定ユーザー設定機能は2021年10月より順次提供を終了いたします。詳細はリリースノートをご確認ください。
    推定