Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

キャンペーンの1日の予算を超過した場合の請求について

Yahoo!広告 ディスプレイ広告では、キャンペーンの広告利用料金が「1日の予算」で設定した金額の範囲内でおさまるように、システムが自動的に広告の表示・非表示をコントロールします。ただし、より一層広告の効果を高めるため、表示機会の多い日には広告の表示頻度を上げて運用することがあります。その場合に発生したコストの請求対象について説明します。

1日に発生したコストの請求対象

広告の表示頻度が高い日には1日の予算を大幅に超えたコストが発生する場合もあります。ただし、その場合の請求対象は1日の予算の120%までです。

ヒント
  • 広告管理ツールのパフォーマンスデータやパフォーマンスレポートキャンペーン、広告グループ、広告などの各種パフォーマンスデータを確認するレポートです。
    さらに詳しく
    には発生したすべてのコストが表示されるため、実際の請求額とは異なる場合があります。
  • 1日の予算は、日本時間の深夜0時から午後11時59分までを「1日」として計算します。
  • 広告管理ツールで1日の予算として設定および表示する金額は、すべて税抜きです。

1日の途中で1日の予算を変更した場合の請求対象

1日の予算を変更すると、変更後の予算額を基に残り時間で掲載可能な金額を算出します。予算の変更後は算出された金額をもとに広告の掲載量をコントロールします。ただし、広告の表示頻度が高い日には1日の予算を大幅に超えたコストが発生する場合もあります。その場合の請求対象は以下のとおりです。

1日の請求対象=(変更前)予算額の120%まで+(変更後)掲載可能な金額の120%まで

1日の予算と請求に関する詳細は「ディスプレイ広告(運用型)の1日の予算と請求について」を参照してください。