Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

インプレッション損失率が高い場合の改善策

インプレッションシェア広告表示機会の総数に対して、実際に広告が表示された回数の割合です。
さらに詳しく(検索広告)
さらに詳しく(ディスプレイ広告)
損失率が高いということは、広告の表示機会が多く損失していることを意味しています。インプレッションシェア損失率の状況にしたがい、以下のチャートをたどり、改善策を実施してください。

  1. 日予算の増額

    日予算の増額が可能な場合、1日の予算額を上げることによりインプレッションシェア損失率(予算)による機会損失を防ぐことができます。詳細は、「ディスプレイ広告(運用型)の1日の予算と請求について」を参照してください。

  2. 入札価格の抑制など

    日予算の増額が難しい場合、以下のような施策を実施することで機会損失の防止を図ることができます。

    施策例

    • 入札価格の引き下げ
      自動入札機能を使うことで入札価格が自動で最適化されるため、入札価格の管理や運用コストの削減が見込めます。詳細は、「自動入札とは」を参照してください。

    • ターゲティングの変更
      ターゲティング設定を行うことで広告の配信対象を絞り込めるため、運用コストの削減が見込めます。詳細は、「ターゲティング設定について」を参照してください。
  3. 入札価格の強化

    入札価格の引き上げが可能な場合、入札価格(クリック単価)を上げることによりインプレッションシェア損失率(ランク)による機会損失を防ぐことができます。詳細は、「一覧画面でキャンペーン・広告グループ・広告を一括操作する」を参照してください。
  4. 広告クリエイティブ改善

    入札価格の引き上げが難しい場合、広告クリエイティブを改善し、広告へのクリック率を上昇させることで、機会損失の防止を図ることができます。