Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

ディスプレイ広告のアカウント構造について

ディスプレイ広告では、広告を管理するために、アカウント、キャンペーン、広告グループ、広告という単位を利用します。
各単位はアカウントを最上位とした階層構造で、上位から下位に向けて以下の順番で作成します。

1.アカウント

2.キャンペーン

3.広告グループ

4.広告

アカウントの階層構造(アカウント構造)

アカウント、キャンペーン、広告グループ、広告・キーワードそれぞれの役割と特徴は、以下のとおりです。

アカウント

Yahoo!広告の運用における一番上の管理単位で、サービス(検索広告、ディスプレイ広告)ごとに設定します。アカウントでは、登録情報(社名、担当者情報)の管理や支払い方法などを設定します。
ディスプレイ広告(運用型)とディスプレイ広告(予約型)は同一のアカウント内にキャンペーンを作成できます。ただし、予約型のキャンペーンを作れるのは、予約型の権限を付与されたアカウントのみです。
※「ディスプレイ広告(予約型)」は、予約型広告の契約を締結している一部のお客様のみに提供している広告です。

キャンペーン

アカウントの下に登録します。ディスプレイ広告では、目的別にキャンペーンを作成します。
キャンペーンでは、配信設定や掲載期間、入札戦略、予算などを設定します。ディスプレイ広告(運用型)とディスプレイ広告(予約型)では、キャンペーン作成時の設定内容が大きく異なります。

アカウント階層

※上図はディスプレイ広告(運用型)の場合です。

広告グループ

広告をまとめるための管理単位で、キャンペーンの下に登録します。
ディスプレイ広告(運用型)では、広告グループごとの配信設定、入札戦略、ターゲティングなどを設定できます。
ディスプレイ広告(予約型)では、広告グループごとの配信設定や配信する広告の広告タイプ・アスペクト比、ターゲティング、配信する広告内容などを設定できます。

広告

広告として表示するテキストや画像を指し、広告グループの下に登録します。
キャンペーン作成時に選択した目的や商品によって、広告を作成する際に必要な要素が異なります。

各単位の登録上限数

キャンペーン、広告グループ、広告の登録上限数は、それぞれ以下のとおりです。

項目登録上限数
キャンペーン1アカウントにつき100個まで(運用型、予約型あわせて)
広告グループ・運用型:1キャンペーンにつき1,000個まで
・予約型:1キャンペーンにつき20個まで(広告グループ(デフォルト)含む)
広告

・運用型:1広告グループにつき、最大200個まで(配信オンは50個まで)
・予約型:
 -広告グループ(デフォルト)配下は最大200個まで
 -追加した広告グループ配下はそれぞれ最大10個まで

画像・動画ファイル1アカウントにつき1000個まで