Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

データをインポートして顧客データのオーディエンスリストを作成する

ディスプレイ広告では、広告主様が保有している顧客データのファイルをアップロードして、オーディエンスリストにインポートあらかじめキャンペーンや広告などの設定をまとめたファイルをアップロードし、複数のキャンペーンや広告などの操作を一括で実施することです。広告などを大量に作成、変更する場合に便利です。できます。インポートしたデータは、Yahoo! JAPANの登録データと照合し、オーディエンスリストとして広告配信に利用できます。
顧客データをインポートしたオーディエンスリストを利用すると、既存の顧客や資料請求などを行った興味関心の高いユーザーへの配信が可能です。また、自社サイトへの訪問がないユーザーへもアプローチできます。

インポートできる顧客データは以下のとおりです。

  • アプリ用広告識別子(IDFAまたはAAID)
  • メールアドレス
    メールアドレスはハッシュ化していないデータ、ハッシュ化したデータのいずれも利用可能です。
    なお、ハッシュ化する際はSHA-256アルゴリズムを使用してハッシュ化を行ってください(ハッシュ化については弊社のサポート対象外です)。
    なお、ハッシュ化していないメールアドレスはご利用のパソコン上で SHA256 アルゴリズムを使ってハッシュ化されてから、弊社サーバーに送られます。
ご注意
  • ソルト値を使ってハッシュ化したメールアドレスは利用できなくなりました。ソルト値なしでハッシュ化したメールアドレス、もしくは、ハッシュ化していないメールアドレスをご利用ください。
  • Yahoo!広告 APIをご利用の場合、ハッシュ化していないメールアドレスはインポートできないため、ハッシュ化したメールアドレスをご利用ください。
  • アプリ用広告識別子 (IDFA、AAID) をインポートする際は、その時点で対象の顧客がオプトアウトしていないことを確認してください。オプトアウトしていた場合は、過去に取得したアプリ用広告識別子であってもインポートしないでください。
ヒント

ップロードファイルの形式

オーディエンスリストにインポートするデータのアップロードファイルは、以下の形式で用意してください。

ファイル形式
  • ハッシュ化していないメールアドレスの場合
    • テキストファイル(.txt)
  • ハッシュ化したメールアドレス、およびアプリ広告用識別子(IDFAまたはAAID)の場合
    • テキストファイル(.txt)
    • テキストファイル(.txt)をZIP形式で圧縮
文字コードUTF-8(BOMなし)、Shift-JIS
※ファイルには半角英数記号以外は含まない
改行コードLF、CRLF
ファイルサイズの上限200MBまで
データ数
  • ハッシュ化していないメールアドレスの場合
    10万件まで
    ※10万件以上のデータをアップロードする場合は、ファイルを分割してください。
  • ハッシュ化したメールアドレス、およびアプリ広告用識別子(IDFAまたはAAID)の場合
    件数に制限はありませんがファイルサイズ上限以下でおさまるようにしてください。

データのサンプル

以下のリンクをクリックすると、各種データのサンプルが文字列で参照できます。
※サンプルはそのままご利用になれません。アップロードファイルを用意する際は広告主様が保有している顧客データの値を入力してください。

データをインポートして顧客データのオーディエンスリストを作成する

アップロードファイルの形式」を参照して、インポートするデータのアップロードファイルを作成してください。

操作手順
    1. 広告管理ツール画面右上にある「ツール」をクリックします。
    2. 「共有ライブラリー」の「オーディエンスリスト」をクリックします。
    3. オーディエンスリストの管理画面が表示されます。

      ヒント
      サイトリターゲティングタグタグとは、特殊な記法によってウェブサイト内に記述され、情報の意味づけや分類などに用いられる短い単語・フレーズなどを指します。Yahoo!広告には、サイトに訪問したインターネットユーザーが購入や問い合わせなどの成果に至った件数を測定するコンバージョンタグや、サイトへの過去の訪問履歴をもとに広告を配信するサイトリターゲティングタグなどのタグがあります。また、それらのタグを一元管理できる「Yahoo!タグマネージャー」というサービスもあります。が未発行の場合は、左サイドメニューの「オーディエンスソース」をクリックしてください。「サイトリターゲティングの利用を開始」画面が表示されます。「プライバシーポリシーに必要な記載事項」にて規約の内容を確認した上で、「同意する」にチェックを入れて「サイトリターゲティングタグの取得」ボタンを押すと、サイトリターゲティングタグを取得できます。
      詳細は、「サイトリターゲティングタグの取得とサイトへの設置」を参照してください。
    4. 「オーディエンスリストを作成」ボタンを押し、リスト種別「顧客データ」を選択します。

      ヒント
      リスト種別「カスタム」のオーディエンスリストでも顧客データのファイルをインポート可能ですが、新規作成時はファイルのインポートができません。編集時のみ可能です。
    5. 必要な項目を入力します。

      • オーディエンスリスト名:オーディエンスリスト名を入力します。作成済みのオーディエンスリストと同一の名称は設定できません。
      • 連携データファイル:「アップロードする」を選択すると、ファイルを選択する画面が表示されます。

        (1)「連携データタイプ」で以下のいずれかを選択します。
        -ハッシュ化したメールアドレス
        -ハッシュ化していないメールアドレス
        -IDFA
        -AAID
        (2)「ファイルを選択(zip/txt)」をクリックしてアップロードするファイル(ZIP/TXT形式)を選択します。
        (3)「Yahoo! JAPAN広告データ利用基準(PDF)」をご確認の上、「Yahoo! JAPAN広告データ利用基準を順守する」にチェックを入れます。
      • 連携データの有効期間 :連携完了してからインポートしたデータを何日間有効とするかを設定します。1~60日の間で設定可能です。
      • 説明(任意):オーディエンスリストの説明を入力します。入力は任意です。
    6. 「作成」ボタンを押します。

      アップロードしたファイルについてはオーディエンスリストの一覧画面で、作成したオーディエンスリストの「連携データ」から確認できます。「詳細」の右にある「i」アイコンをクリックする「アップロード状況」が表示されます。

      「ステータス」が「データ取り込み完了」になれば、データのインポートが完了しています。完了後にオーディエンスリストが作成されます。
      「ファイルフォーマットエラー」が出た場合には、ファイルの形式に問題がないかなどご確認の上、再度ファイルのアップロードをお試しください。

ご注意
  • ユーザーサイズは配信可能なおおよそのユーザー数です。アップロードファイルのデータ数ではありません。
  • 作成したオーディエンスリストのユーザーサイズは、デフォルトのオーディエンスリストに含まれません。
  • ユーザーサイズは、ステータスが「データ取り込み完了」になった後、反映までに数時間かかる場合があります。
  • インポートしたデータ数が少ない場合、リーチ数(配信対象者数)を確保できません。
  • インポートしたデータのダウンロードはできません。

連携データの有効期間について

オーディエンスリスト作成、編集画面の「連携データの有効期間」項目にて、リストに連携したデータの有効期間を1~60日の間で設定できます。

設定から広告配信のイメージ

_アクションリストのリーチ数広告配信の状況
2018/9/1
  • 「連携データの有効期間」を「10日」に設定したオーディエンスリストを作成
  • 3,000リーチ分のリストデータの連携が完了
  • 広告グループにオーディエンスリストを関連付け
3,000配信開始
2018/9/10-3,000配信中
2018/9/11-0
※有効期間10日が経過したため
配信終了
ヒント
  • 「連携データの有効期間」は、リストデータの連携が完了してから最大60日です。
    インポート完了から60日経過した後も同じデータを利用する場合は、再度データをインポートし直す必要があります。
  • リストデータの連携が完了してから60日以内であれば、有効期間の変更は可能です。なお、以下の例のような設定変更を行った場合、広告は配信されなくなりますのでご注意ください。
    10/1:リストデータの連携完了(有効期間50日)
    10/15:有効期間を「10日」に変更
  • オーディエンスリストの作成手順については以下のページをご確認ください。
    オーディエンスリストの作成

既存のオーディエンスリストにデータを追加でインポートする

同じオーディエンスリストに対して、追加でデータをインポートできます。

  • 「連携データの有効期間」に設定した期間内にデータを追加でインポートしないと配信できなくなりますので、データは定期的に更新することをおすすめします。「連携データの有効期間」の詳細は、「連携データの有効期間について」を参照してください。
  • 追加インポートを行う場合、異なる連携データタイプを追加することが可能です。
    新規アップロード:IDFAでアップロード(ユーザーA、ユーザーB)
    追加アップロード:AAIDでアップロード(ユーザーA、ユーザーC)

    この場合、最新のオーディエンスリストには「ユーザーA」、「ユーザーB」、「ユーザーC」のデータが含まれます。
    ただし、「ユーザーB」は追加アップロードの際に更新されていないため、新規アップロード時に設定した有効期限を過ぎると当該オーディエンスリストには含まれません。
    追加インポートはオーディエンスリストの編集から行います。手順は「オーディエンスリストを編集・削除する」を参照してください。