Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

コンバージョン測定とは

コンバージョン測定は、Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型)で掲載した広告をクリックしてサイトを訪問したユーザーによる、コンバージョン(商品の購入や会員登録、資料請求、アプリのインストールなど、何らかの成果と見なされる行動)を計測する機能です。コンバージョン測定を利用することで、広告がどの程度の成果を上げているかなどを確認できます。

ディスプレイ広告(運用型)では、以下の2種類のコンバージョンを測定できます、

ウェブサイト上におけるコンバージョン


ウェブサイト上におけるコンバージョンを測定するには、コンバージョン測定タグをお客様のサイトに設置する必要があります。
お客様のサイトの取引完了ページにコンバージョン測定タグを設置すると、訪問者が取引完了ページに到達したときに、コンバージョンが発生します。
訪問者のブラウザーのCookie情報およびログイン情報をもとに、その訪問者がお客様の出稿した広告をクリックしたかを確認し、計測期間(7日間~90日間)内にクリックの履歴があれば、有効なコンバージョンとしてカウントします。ただし、訪問者のブラウザーがCookieを受け入れる設定となっている必要があります。
また、ログイン情報も用いた測定により、PCで広告をクリックしてスマートフォンで購入など、デバイス(端末)をまたいだコンバージョンも計測できます。
コンバージョン測定を行うには、広告管理ツールで測定タグを発行し、お客様のサイトに設置する必要があります。
コンバージョン測定で設置が必要なタグの詳細や設定方法は以下を参照してください。
コンバージョン測定で必要なタグについて
ウェブサイトのコンバージョン測定を新規設定する

アプリのインストール

アプリのインストールをコンバージョンとして測定するには、ディスプレイ広告(運用型)と連携済みの広告効果測定ツールを導入する必要があります。コンバージョン測定タグの設置は必要ありません。
アプリのインストール測定に関する詳細は、「アプリのインストール(コンバージョン)測定を新規設定する」を参照してください。

ヒント
  • ディスプレイ広告(YDN)でコンバージョンを測定していた場合は、ディスプレイ広告(運用型)形式のキャンペーンに変換後も引き続き測定できます。タグを変更する必要はありません。
  • コンバージョンの測定データは、広告管理ツールのキャンペーンなど入稿物の一覧、およびコンバージョン測定の一覧で確認できます。詳しい手順は「コンバージョン測定データの確認方法」を参照してください。