Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

インポート機能について

新しい広告管理ツールでは、変更内容を入力したCSVファイルをインポートすることで、キャンペーンなどの入稿情報の作成や編集、削除を一括で行えます。
なお、本機能を利用するにはインポート対象項目ごとにインポート用CSVファイルを作成する必要があります。

ヒント

本機能はアカウントの管理権限、または登録更新権限のユーザーのみ利用できます。

インポート機能の利用方法

インポート機能の利用方法は以下のとおりです。

インポート用CSVファイルを作成する
インポートする

インポート用CSVファイルを作成する

インポート用CSVファイルは以下の2種類の方法で作成できます。

テンプレートをダウンロードして編集する

インポートに必要な項目名のみのテンプレートファイルをダウンロードして、インポート用CSVファイルを作成します。

操作手順
  1. 新しい広告管理ツールのサイドメニューでインポート対象の項目を選択します。
  2. 一覧上部の「…」をクリックします。
  3. 「インポート」をクリックします。
  4. インポート画面でテンプレートダウンロード用のリンクをクリックします。

    手順1でキャンペーンを選択した場合、ダウンロード用のリンクは以下のように表示されます。
    • 「キャンペーンテンプレートのダウンロード(UTF-8)」
    • 「キャンペーンテンプレートのダウンロード(Shift JIS)」
      ヒント
      CSVファイルの文字コードは「UTF-8」「Shift JIS」のいずれかを選択できます。
      Windows環境でExcelをご利用の場合は、「Shift JIS」形式でのダウンロードをおすすめします。
  5. インポートに必要な項目名のみのCSVファイルがダウンロードされるので、お使いのPCなどに保存します。
    ヒント
    手順1で選択した項目によってダウンロードしたファイルの内容は異なります。
    キャンペーンを選択した場合は、キャンペーンのインポートに必要な項目名のファイルがダウンロードできます。
  6. 手順5で保存したCSVファイルをインポート用に編集します。
    詳細は「インポート用CSVファイルの入力仕様」を参照してください。

入稿済みのデータをダウンロードして編集する

インポートに必要な項目名と入稿済みデータのファイルをダウンロードしてインポート用CSVファイルを作成します。

操作手順
  1. 新しい広告管理ツールのサイドメニューでインポート対象の項目を選択します。
  2. 一覧上部の「ダウンロード」ボタンを押します。
  3. 「インポート用CSVファイル(UTF-8)」または「インポート用CSVファイル(Shift JIS)」をクリックします。
    ヒント
    • 本メニューでダウンロードできる最大件数は10,000件です。
      一覧画面にデータが10,001件以上表示されている場合は「インポート用CSVファイル」はクリックできません。「フィルター機能」などを利用して表示データを絞り込んでください。
    • CSVファイルの文字コードは「UTF-8」「Shift JIS」のいずれかを選択できます。
      Windows環境でExcelをご利用の場合は、「Shift JIS」形式でのダウンロードしてください。
  4. インポートに必要な項目の項目名と、その全ての入稿データ(フィルターが設定されている場合は絞り込み後のデータ)のCSVファイルがダウンロードされるので、お使いのPCなどに保存します。
    ヒント
    手順1で選択した項目によってダウンロードしたファイルの内容は異なります。
    キャンペーンを選択した場合は、キャンペーンのインポートに必要な項目の項目名と入稿データのファイルをダウンロードできます。
  5. 手順5で保存したCSVファイルをインポート用に編集します。
    詳細は「インポート用CSVファイルの入力仕様」を参照してください。

インポート用CSVファイルの入力仕様

インポート用CSVファイルの入力仕様については以下のページを参照してください。

インポート用CSVファイル入力仕様(キャンペーン・広告グループ・広告)
インポート用CSVファイル入力仕様(ターゲティング)

ヒント
キャンペーンやターゲティングなどのコンポーネントをまたいだインポート機能は提供しておりません。

インポート可能なファイルの仕様

項目 説明
ファイル形式 CSV形式のみ
ファイル容量 最大100MB
文字コード 「UTF-8」「Shift JIS」のいずれか

YDNのキャンペーン編集について

YDN形式のキャンペーン、および配下の広告グループ、広告の場合、インポート機能を使って以下項目のみ編集、削除が可能です。

  • 配信設定
  • 各種名称の項目
  • 入札価格調整
ヒント
YDNのキャンペーンは、お早めにディスプレイ広告(運用型)形式のキャンペーンへ変換することをおすすめします。変換手順については「YDNのキャンペーンをディスプレイ広告(運用型)の形式に変換する」を参照してください。

インポートする

操作手順
  1. ディスプレイ広告 広告管理ツールのサイドメニューでインポート対象の項目を選択します。

    ヒント
    インポートはインポート対象の項目以外の一覧画面からも実行できます。
  2. 一覧上部の「…」をクリックします。
  3. 「インポート」をクリックします。
  4. 「ファイルを選択」ボタンを押し、インポートするCSVファイルを選択します。
  5. 「実行」ボタンを押します。
    「インポート処理中」というメッセージが表示されてインポート処理を開始します。
  6. 画面右上に「インポートが完了しました」というメッセージが表示され、処理が完了する
    ヒント
    インポート処理に失敗した場合は「インポート状況・結果」画面に出力される「実行内容」「エラー内容」の項目などをご確認ください。

インポートの処理状況を確認する

ディスプレイ広告の広告管理ツールでは、インポート処理の進行状況を確認できます。

メッセージで確認する

完了時に画面右上にメッセージが表示されます。

インポート状況・結果一覧で確認する

画面右上のスパナアイコンを押して表示されるメニュー「入稿操作管理」の「インポート状況・結果」から確認できます。
  • ステータス
    処理ステータスが表示されます。
  • 実行内容
    CSVファイル名をクリックすると、実行したCSVファイルをダウンロードできます。
  • エラー内容
    インポート処理で失敗した場合の理由を表示、またはエラーファイルをダウンロードできます。
    「ダウンロード(CSV)」をクリックするとインポートできなかった対象とエラー内容を確認できます。エラーファイルを編集して再度インポートも可能です。