Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

パフォーマンスレポート・テンプレートの作成

※「ディスプレイ広告(予約型)」は、代理店契約を締結しているお客様のみに提供している広告です。


パフォーマンスレポートキャンペーン、広告グループ、広告などの各種パフォーマンスデータを確認するレポートです。
さらに詳しく
では、指標とする項目を選択し、確認するレポートをカスタマイズして作成できます。

ヒント
  • パフォーマンスレポートでは削除済み入稿物(広告など)のパフォーマンスデータも確認できます。
  • アカウントの「管理権限広告管理ツールを利用するための権限の一つです。アカウントに対して全ての操作が可能で、資金管理、キャンペーンや広告グループの作成や編集、ユーザーの管理や参照などを実施できます。
    さらに詳しく
    」「登録更新権限広告管理ツールを利用するための権限の一つです。アカウントに対して、登録・編集が行える権限です。入札価格の変更、キャンペーンや広告グループの編集、広告の作成・削除などが可能です。キャンペーンの管理や広告運用などを行う利用者に対して付与します。」「参照権限広告管理ツールを利用するための権限の一つです。アカウントに対して参照のみを行える権限です。レポートやクリック数などのパフォーマンスデータや掲載内容を参照するユーザーに対して付与します。キーワードや広告の作成、入札価格の設定などは行えません。」のいずれかを持つユーザーがパフォーマンスレポートを作成できます。権限についての詳細は「権限管理機能とは」を参照してください。
  • 過去37カ月分のパフォーマンスレポートを作成できます。ただし一部の項目においてデータの集計が可能な期間が異なります。詳細は「項目ごとの集計可能な期間について」を参照してください。
  • 2021年10月20日以降、「リンク先URL」の項目を含むテンプレートやレポートの新規作成、およびプリセットから「リンク先URLレポート」を選択することはできません。作成済みのレポートは参照可能です。

新規テンプレートとパフォーマンスレポートの作成
作成済みのテンプレートから新規レポートを作成する
プリセットを使用する
項目ごとの集計可能な期間について

新規テンプレートとパフォーマンスレポートの作成

  • 作成したレポートの設定は「テンプレート」として保存できます。テンプレートを利用すると、同じ設定内容のレポートを簡単に作成できます。
  • 指定した期間でテンプレートから定期的にレポートを作成し、作成完了のお知らせをメールで受け取ることも可能です。
  • テンプレートは30件まで作成できます。

新規テンプレートとレポートを作成する

操作手順
  1. 新しい広告管理ツール 右上にある棒グラフ型のアイコンをクリックします。パフォーマンスレポート画面が表示されます。
    棒グラフ型のアイコン
  2. 「レポート・テンプレート作成」ボタンを押します。
    作成ボタン
  3. 「プリセットを読み込む」画面が表示されます。プリセットを使用する場合の詳細は、こちらの項目を参照してください。
     プリセットを使用せず進むには「閉じる」をクリックします。
    プリセット閉じる
  4. 「テンプレートを作成する」画面の各項目を入力、選択します。
    テンプレート作成
    (1)テンプレート名を入力します。
    (2)データの集計期間を選択します。
    ヒント
    「今日」のデータは確定前の数値です。確定後の数値を確認する場合は、「今日を含まない」表示期間を選択して表示されるデータをご確認ください。
    (3)レポートを出力する際のファイル形式を選択します。
    (4)レポートの作成スケジュールを選択します。また、レポート作成完了の連絡メールを受け取る場合は、メールアドレスを入力します。
    (5)レポートで確認する指標を選択します。
     ・「基本項目」の「設定項目」および「数値項目」から、数値を確認する指標を選択し、ドラッグアンドドロップ、または「+」マークをクリックして中央のレポート作成エリアに追加します。
     追加
    ヒント
    ディスプレイ広告(予約型)の権限をお持ちのアカウントでレポートを作成する場合のみ、「基本項目」の中の「基本」から「商品」を選択できます。
     ・「分割項目」を追加すると、レポートを任意の集計単位で分割して表示できます。
    デバイスレポートをさらにOS別で分割したり、広告グループごとのレポートを最終リンク先URLユーザーが広告をクリックしたときに表示されるページのURLです。別に分割したりできます。
     分割
    (6)「レポートのプレビューを表示する」ボタンを押すと、選択した項目でのレポート出力イメージを確認できます。確認後にさらに項目を追加したり、外したりできます。
    ※プレビュー表示には、時間がかかる場合があります。
    プレビュー
    ヒント
    ・基本項目(表示する項目)や分割項目には、同時に選択できない項目があります。該当の項目はグレーアウト表示になります。
    選択不可な項目の表示例
    選択不可項目
    ・選択した項目をレポート対象から外す場合は、レポートエリア上部の項目名の「×」をクリックします。選択した項目を全てレポート対象から外す場合は「解除」をクリックします。
    削除
    ・項目の並び順の入れ替えは、以下の2箇所で行えます。なお、「設定項目」と「数値項目」を越えた並び替えはできません。
     -レポートエリア上部の項目名をドラッグアンドドロップで移動
     -プレビュー画面の表示項目をドラッグアンドドロップで移動
     ※項目の上部にマウスカーソルを置くと、青色のラインが表示されます。その状態でドラッグできます。 ドラッグアンドドロップ
    フィルター特定の条件に該当するキャンペーン、広告グループ、広告、キーワード、検索クエリーなどを一覧で表示する機能です。たとえば、抽出データのしきい値を設定し、その値以上(もしくは以下)に絞った一覧の表示や、特定のキャンペーン名やキャンペーンIDなどに限定した絞り込みが可能です。機能で表示対象を絞り込むことも可能です。
     -設定項目または数値項目に追加した項目のみ、フィルター条件として選択できます。
     -「追加」をクリックして条件を追加できます。
    フィルター
     -選択する項目によって抽出条件「と同じ」「を除外」「を含む」、「以上」「以下」や「で始まる」「で終わる」などを選択し、数値や名称を入力します。
    フィルター
     -フィルター条件を削除する場合は、×ボタンをクリックします。
    (7)「ダウンロード」ボタンを押すとCSV形式のレポートファイルをダウンロードできます。
    ご注意
    「ダウンロード」ボタンからレポートをダウンロードするには、手順(6)のレポートのプレビューを先に行う必要があります。
  5. 「保存」ボタンを押し、表示されるメニューから作成したテンプレートの保存対応を選択します。
    「保存」ボタン
    ・テンプレートを保存し、同時にレポートも作成
    ・テンプレートのみ保存
    ・レポートのみ作成
    作成したテンプレートおよびレポートは、一覧画面に表示されます。
ヒント
  • 2021年10月20日より、パフォーマンスレポートに「最終リンク先URL」の項目が追加されました。
  • 1つのテンプレート内で「リンク先URL」と「最終リンク先URL」の項目は同時に選択できません。
  • テンプレートで「リンク先URL」または「最終リンク先URL」を選択した場合、それぞれの表示内容は以下のとおりです。
    リンク先URL:広告の「リンク先URL」の項目に設定している内容のみ表示します。
    最終リンク先URL:広告の「最終リンク先URL」に設定している内容、および「リンク先URL」に設定している内容を表示します。

 

作成済みのテンプレートから新規レポートを作成する

作成したテンプレートは、パフォーマンスレポート画面に一覧で表示されます。
テンプレート作成時に設定した作成スケジュールにかかわらず、一覧画面より任意のタイミングでレポートを作成できます。

テンプレートからレポートを作成する

操作手順
  1. 新しい広告管理ツール 右上にある棒グラフ型のアイコンをクリックします。パフォーマンスレポート画面が表示されます。
    棒グラフ型のアイコン
  2. パフォーマンスレポート画面の「テンプレート」一覧にて、レポートを作成するテンプレートの「レポート作成」リンクをクリックします。
    レポート作成
  3. 確認画面で「作成」ボタンを押します。
    「作成」ボタン
  4. 作成されたレポートは、パフォーマンスレポート画面上部の「作成済みレポート」の一覧に表示されます。「ダウンロード」リンクからファイルを取得してください。
    ダウンロードボタン

プリセットを使用する

テンプレートを作成する際に、レポートの種類ごとに適切な項目がセットされた「プリセット」を使用できます。プリセットで選択できるレポートの種類は、以下のとおりです。

プリセットの名称内容
基本レポートビューアブルインプレッションインターネットユーザーの視認領域に広告が表示された際のインプレッションです。
※2019年8月1日に「ビューインプレッション」から名称を変更しました。
さらに詳しく
数やクリック数広告掲載面に表示された広告がクリックされた回数のことです。、コストなど、効果測定の基本的な指標が選択されたレポートを作成できます。キャンペーン、広告グループ、広告単位で作成できます。
配信先URLレポート広告が配信されたURLごとのレポートを作成できます。アカウント、キャンペーン、広告グループ単位で作成できます。
ディスプレイ広告(運用型)の場合、サブドメイン、およびディレクトリの第2階層目まで取得できます。
ディスプレイ広告(予約型) の場合、取得できるのはサブドメインまでです。
最終リンク先URLレポート最終リンク先URL、またはトラッキングURLごとのレポートを作成できます。
※リンク先URL形式を選択している場合、リンク先URLに関する数値を表示します。
デバイスレポート広告が表示されたデバイスごとのレポートを表示できます。アカウント、キャンペーン、広告グループ、広告単位で作成できます。
性別・年齢レポート広告が表示された性別・年齢ごとのレポートを表示できます。アカウント、キャンペーン、広告グループ、広告単位で作成できます。
ラベルレポート入稿物に設定したラベルごとのレポートを作成できます。キャンペーン、広告グループ、広告単位で作成できます。
リーチレポート

リーチ(メジャードインプレッションやビューアブルインプレッションが発生したユーザー数や頻度など)に関するレポートを作成できます。キャンペーン、広告グループ、広告単位で作成できます。

※リーチレポートの集計可能な期間は異なります。詳しくは「項目ごとの集計可能な期間について」のリーチの項目をご参照ください。

プリセットを使用したテンプレートの作成方法は、以下のとおりです。

操作手順
  1. 新しい広告管理ツール 右上にある棒グラフ型のアイコンをクリックします。パフォーマンスレポート画面が表示されます。
    棒グラフ型のアイコン
  2. 「レポート・テンプレート作成」ボタンを押します。
    作成ボタン
  3. 「プリセットを読み込む」画面が表示されます。
    作成するレポートの種類と対象の階層(アカウントやキャンペーンなど)を選択し「適用」ボタンを押します。

    プリセット
  4. 選択したレポートに適した項目がセットされたテンプレート作成画面が表示されます。
    以降の手順は、通常の操作手順と同じです。「新規テンプレートとパフォーマンスレポートの作成」の操作手順を参照してください。
    ご注意
    レポート・テンプレートの作成画面にある「プリセットを読み込む」ボタンからも「プリセットを読み込む」画面を表示できます。
    なお、「プリセットを読み込む」ボタンを押す前に設定項目やフィルター条件を選択した場合、プリセットを適用した時点で編集中の項目やフィルター条件は破棄されます。
    プリセットの内容に追加や編集を行う場合は、プリセット適用後に行ってください。
    プリセット読込

項目ごとの集計可能な期間について

一部の項目においてデータの集計が可能な期間が異なります。対象の項目と集計可能な期間は以下をご確認ください。

数値項目

数値項目

項目名

 

基本

インプレッションシェア広告表示機会の総数に対して、実際に広告が表示された回数の割合です。
さらに詳しく(検索広告)
さらに詳しく(ディスプレイ広告)

2020年3月1日以降のデータを集計可能

インプレッションシェア損失率(予算)

インプレッションシェア損失率(ランク)

リーチ

リーチ数(ビューアブルインプレッション)

2019年9月1日以降のデータを集計可能

平均接触回数(ビューアブルインプレッション)

リーチ数(メジャードインプレッション)

2021年6月23日以降のデータを集計可能

平均接触回数(メジャードインプレッション)

 

設定項目

以下の設定項目を含めてレポートを作成した場合、数値項目で集計可能な期間は以下のとおりです。

設定項目

項目名

説明

基本

オーディエンスカテゴリー名

2019年7月15日以降の実績値を集計可能

オーディエンスカテゴリータイプ

オーディエンスリスト名

2021年2月24日以降の実績値を集計可能

オーディエンスリストID

オーディエンスリスト種別

プレイスメントリストディスプレイ広告を配信する、または配信対象外とするウェブサイト(URL)のリストです。

プレイスメントリストID

サーチキーワードリストサーチキーワードターゲティングを利用する際に、広告の配信対象となるキーワードのリストです。
さらに詳しく

サーチキーワードリストID

コンテンツキーワードリスト広告を配信したい(または配信除外したい)コンテンツの内容を指定したキーワードのリストです。
さらに詳しく

2021年7月29日以降の実績値を集計可能

コンテンツキーワードリストID

コンバージョングループ名

2021年9月1日以降の実績値を集計可能

コンバージョングループID