Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

目的別のキャンペーン作成について

Yahoo!広告 ディスプレイ広告の広告管理ツールでは、広告の目的に合わせてキャンペーンを作成します。

※「商品リスト訴求」「ブランド認知」は、一部のお客様のみに提供しているキャンペーン目的です。キャンペーン目的の選択画面で該当の項目が表示される場合のみ利用可能です。

「キャンペーン目的」とは


Yahoo!広告のディスプレイ広告(運用型)では、動画再生やサイト誘導など、広告の「目的」に合わせて最適なキャンペーンを作成できます。作成されたキャンペーンは目的に合わせて配信が最適化されます。
キャンペーン目的には以下の種類があります。

キャンペーン目的

※ご利用中のアカウントによって選択できるキャンペーン目的は異なります。
目的 最適化ポイント 入札戦略 課金方式 広告タイプ
サイト誘導 サイト誘導数(広告クリック数) が最大化するように配信を最適化する 手動入札(最大入札価格指定) クリック課金
(CPC)
  • テキスト
  • バナー(画像/動画)
  • レスポンシブ(画像/動画)
動画再生 動画の再生数が最大化するように配信を最適化する 手動入札(最大入札価格指定) 動画再生課金
(CPV)
※動画の10秒再生で課金(10秒未満の動画の場合は再生完了)
  • バナー(動画)
  • レスポンシブ(動画)
アプリ訴求 コンバージョン数が最大化するように配信を最適化する
  • 手動入札(最大入札価格指定)
  • 自動入札(目標単価指定)
クリック課金
(CPC)
  • テキスト
  • バナー(画像)
  • レスポンシブ(画像/動画)
コンバージョン コンバージョン数が最大化するように配信を最適化する
  • 手動入札(最大入札価格指定)
  • 自動入札(目標単価指定)
クリック課金(CPC)
  • テキスト
  • バナー(画像/動画)
  • レスポンシブ(画像/動画)
商品リスト訴求 コンバージョン数が最大化するように広告クリエイティブと配信を最適化する。
動的ディスプレイ広告の商品リストが必須(※1)
  • 手動入札(最大入札価格指定)
  • 自動入札(目標単価指定)
クリック課金(CPC) 動的ディスプレイ
ブランド認知(※2) ビューアブルインプレッション数が最大化するように配信を最適化する 手動入札(最大入札価格指定) ビューアブルインプレッション課金(vCPM) バナー(画像/動画)

※1 動的ディスプレイ広告についてはYDNヘルプの「動的ディスプレイ広告について」、商品リストについては同じくYDNヘルプの「商品リストの作成(動的ディスプレイ広告)」を参照してください。キャンペーン作成の手順については「キャンペーンを作成する」を参照してください。

※2 目的がブランド認知のキャンペーンの掲載面は、スマートフォンブランドパネル枠(Web版)、スマートフォン Yahoo!ニュースプライムカバー枠(Web版)です(2020年8月時点)。

ヒント
Yahoo! JAPANが提供する一部のスマートフォンアプリでは、タイムラインに掲載された動画をタップして表示される動画再生画面が「動画とリンク先ページの上下二階層での表示」になる場合があります。その場合、動画再生画面が表示された時点で広告のリンク先ページも表示されているため、「クリック発生」とカウントされます。
<動画とリンク先ページの上下二階層での表示イメージ>
表示イメージ
※画面サンプルです。実際の表示は異なる場合があります。
ご注意

以下のどちらにも該当し、かつ自動入札を設定する場合、最適化されるコンバージョンはクリック経由のコンバージョン(対象の指標は「コンバージョン数(クリック経由)」)のみです。
動画視聴経由のコンバージョンは最適化の対象外です。

  • キャンペーン目的が「アプリ訴求」もしくは「コンバージョン」
  • 「バナー(動画)」もしくは「レスポンシブ(動画)」を配信している

コンバージョン関連の指標については、以下のページを参照してください。
動画再生後に発生したコンバージョンの測定

「キャンペーン目的」選択のヒント

広告の出稿目的によって選択すべきキャンペーン目的は変わってきます。どのキャンペーン目的を選択すべきか迷う場合は以下のフローチャートを参照してください。

目的選択

パターン1
より多くのコンバージョンを獲得するために、動画付きの広告を多様なデバイスや広告掲載面に配信したい。
→キャンペーン目的には「コンバージョン」、広告タイプには「レスポンシブ(動画)」「バナー(動画)」を選択します。
ヒント
ディスプレイ広告(運用型)では、キャンペーン目的「動画再生」以外を選択した場合も広告に動画の設定が可能です。
パターン2
自社サイトへの訪問者を増やすために、Yahoo! JAPANトップページに広告を配信したい。
→キャンペーン目的には「サイト誘導」を選択します。
ディスプレイ広告(運用型)では目的に沿ってアクション数を最大化するように配信を行う仕組みのため、配信先が Yahoo! JAPANトップページに限定されることはありません。
ヒント
特定の掲載面への配信を希望する場合は、プレイスメントターゲティング機能をご利用ください。プレイスメントターゲティングの詳細は「プレイスメントターゲティング」を参照してください。