Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

オーディエンスカテゴリーターゲティング

※「ディスプレイ広告(予約型)」は、予約型広告の契約を締結している一部のお客様のみに提供している広告です。


 

オーディエンスカテゴリーターゲティングとは
オーディエンスカテゴリーターゲティングの設定、編集
効果的なオーディエンスカテゴリーを選択するには

オーディエンスカテゴリーターゲティングとは

「オーディエンスカテゴリーターゲティング」は、特定のカテゴリーに興味・関心を持つインターネットユーザーや、特定の属性を持つユーザー、ライフイベントを迎えるユーザー層に対して広告を配信するターゲティング機能です。
オーディエンスカテゴリーには3つの「カテゴリータイプ」があり、それぞれ複数の「オーディエンスカテゴリー」に分かれます。

カテゴリータイプについて

オーディエンスカテゴリーターゲティングでは、「興味関心」「購買意向」「属性・ライフイベント」の3つのカテゴリータイプからターゲティング対象とするオーディエンスカテゴリーを選択します。
各カテゴリータイプの詳細は以下のとおりです。

  • 興味関心:商品やサービスに興味関心を示しているユーザー(潜在層)に対して広告を配信します。潜在顧客の集客、ブランド認知を目的とするカテゴリータイプです。
  • 購買意向:商品の検索やカートに入れるなどの購買検討を行っているユーザー、もしくは旅行や結婚などの計画を立てているユーザー(顕在層)に対して広告を配信します。見込み顧客へのアプローチを目的とするカテゴリータイプです。
  • 属性・ライフイベント:家族構成や年収、学歴や仕事など特定の属性を持っているユーザー、もしくは就職や結婚などのライフイベントを迎えるユーザーに対して広告を配信します。属性やライフイベントでの絞り込みを目的とするカテゴリータイプです。

オーディエンスカテゴリーについて

カテゴリータイプは、それぞれ複数のオーディエンスカテゴリーに細分化されます。例えば、「ショッピング」「旅行」「食品、飲料」などです。
オーディエンスカテゴリーは、カテゴリータイプをまたいで複数設定可能です。設定上限数はありません。なお、各オーディエンスカテゴリー間の結合条件は「OR」です。
カテゴリータイプをまたいでオーディエンスカテゴリーを設定した場合の広告配信例は、以下のとおりです。

興味関心カテゴリー配下の「ショッピング」と、購買意向カテゴリー配下の「食品、飲料」を設定した場合、該当食品に興味関心を持つユーザー「または」該当食品をカートに入れているユーザーなどに対して広告が配信されます。

すべてのオーディエンスカテゴリーについては「オーディエンスカテゴリーの一覧 」を参照してください。

オーディエンスカテゴリーターゲティングの設定、編集


オーディエンスカテゴリーターゲティングは、新規広告グループ作成時に設定するか、作成済みの広告グループに設定します。設定内容は後から編集可能です。

ディスプレイ広告(予約型)の場合はキャンペーン・広告グループの作成時に設定します。

ヒント
オーディエンスカテゴリーターゲティングは、Yahoo!広告 ディスプレイ広告の広告管理ツールでのみ設定・編集できます。

オーディエンスカテゴリーターゲティングを設定する方法は以下のとおりです。ディスプレイ広告(運用型)の場合は、以下のいずれの手順でも設定できます。
オーディエンスカテゴリーターゲティング一覧画面の「編集」から広告グループを選択して設定する(運用型)
広告グループ作成画面または広告グループ設定画面から設定・編集する(運用型)

ディスプレイ広告(予約型)の場合は、キャンペーンの作成時に「キャンペーン作成時に「広告グループ設定」で設定する(予約型)」の手順を参照してください。予約後にターゲティングの設定および変更はできません。また、商品によってはオーディエンスカテゴリーターゲティングの設定や設定変更ができない、もしくは設定が可能な範囲が異なる場合があります。各商品の詳細については商品資料やセールスシートをご確認ください。

オーディエンスカテゴリーターゲティング一覧画面の「編集」から広告グループを選択して設定する(運用型)

操作手順
  1. サイドメニューの「オーディエンスカテゴリー」をクリックします。
    オーディエンスカテゴリー
  2. 「編集」ボタンを押します。
    編集ボタン
  3. ターゲティングを設定する広告グループが登録されているキャンペーン、および該当の広告グループをクリックします。
    キャンペーン
    ヒント
    広告管理ツール「ディスプレイ広告」タブで作成したキャンペーン、広告グループは一覧に表示されません。当該広告グループのターゲティング設定を編集する場合は、画面右上の「新画面を利用」をオフにしてください。
  4. オーディエンスカテゴリー編集画面で「全てのユーザーに配信」または「オーディエンスカテゴリーを指定して配信」を選択します。
    選択
  5. 「オーディエンスカテゴリーを指定して配信」を選択した場合は、「興味関心(潜在顧客の集客、ブランド認知)」「購買意向(見込み顧客へのアプローチ)」「属性・ライフイベント(顧客層を指定したアプローチ)」から、ターゲットとするオーディエンスカテゴリーにチェックを入れます。
    チェック
    ヒント
    • カテゴリー名の右にある「∨」をクリックすると、下位カテゴリーを表示できます。
      下位カテゴリー
    • オーディエンスカテゴリー名で検索する場合は、検索欄に語句を入力し、虫眼鏡ボタンを押してください。
      虫眼鏡ボタン
    • 各カテゴリーに表示される数字は「リーチ数」です。
      リーチ数
  6. 「設定」ボタンを押します。
    設定ボタン

広告グループ作成画面または広告グループ設定画面から設定・編集する(運用型)

操作手順
  1. 「広告グループを作成する」画面、もしくは「広告グループ設定」の編集画面にある「ターゲティング」>「オーディエンスカテゴリー」で、「全てのユーザーに配信」または「オーディエンスカテゴリーを指定して配信」を選択します。
    選択
  2. 「オーディエンスカテゴリーを指定して配信」を選択した場合は、「興味関心(潜在顧客の集客、ブランド認知)」「購買意向(見込み顧客へのアプローチ)」「属性・ライフイベント(顧客層を指定したアプローチ)」から、ターゲットとするオーディエンスカテゴリーにチェックを入れます。
    チェック
    ヒント
    • カテゴリー名の右にある「∨」をクリックすると、下位カテゴリーが表示されます。
      下位カテゴリー
    • オーディエンスカテゴリー名で検索する場合は、検索欄に語句を入力し、虫眼鏡ボタンを押してください。
      虫眼鏡ボタン
    • 各カテゴリーに表示される数字は「リーチ数」です。
      リーチ数
  3. 「作成」または「保存」ボタンを押します。
    保存ボタン

キャンペーン作成時に「広告グループ設定」で設定する(予約型)

操作手順
  1. キャンペーン作成の「広告グループ設定」の「ターゲティング」で、「オーディエンスカテゴリー」>「オーディエンスカテゴリーを指定して配信」をクリックします。
  2. 「興味関心(潜在顧客の集客、ブランド認知)」「購買意向(見込み顧客へのアプローチ)」「属性・ライフイベント(顧客層を指定したアプローチ)」からターゲットとするオーディエンスカテゴリーにチェックを入れます。

    ヒント
    • カテゴリー名の右にある「∨」を押すと、下位カテゴリーが表示されます。また、オーディエンスカテゴリー名で検索する場合は、検索欄に語句を入力し、虫眼鏡アイコンをクリックしてください。
    • 各カテゴリーに表示される数字は「リーチ数」です。
  3. 他の項目を全て入力・選択したら「確定画面に進む」ボタンを押します。詳しい手順については「予約型のキャンペーンを作成する(予約する)」を参照してください。

効果的なオーディエンスカテゴリーを選択するには

パフォーマンスレポートキャンペーン、広告グループ、広告などの各種パフォーマンスデータを確認するレポートです。
さらに詳しく
では、オーディエンスカテゴリーターゲティングの設定有無にかかわらず、オーディエンスカテゴリーごとの実績値が表示されます。どのようなオーディエンスに広告が配信され、クリックや動画再生が発生しているかを確認し、ターゲティング設定に活かせます。
オーディエンスカテゴリーごとのデータを見るには、パフォーマンスレポートのテンプレート作成時に「基本項目」の「設定項目」内、「基本」の中にある「オーディエンスカテゴリー名」を追加します。

オーディエンスカテゴリー

テンプレート作成の手順は、以下のヘルプを参照してください。
パフォーマンスレポート・テンプレートの作成

ご注意
1人のインターネットユーザーにつき複数のオーディエンスカテゴリーが設定されている場合があります。複数のカテゴリーを設定されているユーザーが1回の広告閲覧を行うと、設定されているカテゴリーのうち、最大3つのカテゴリーに対してインプレッションなどの実績値が加算されます。
そのため、オーディエンスカテゴリー単位のパフォーマンスレポート、およびオーディエンスカテゴリー一覧画面のパフォーマンスデータにおける実績値(インプレッション数広告が表示された回数を指します。広告が4回表示された場合、インプレッション数は「4」です。クリック数広告掲載面に表示された広告がクリックされた回数のことです。、コンバージョン数など)の合計は、その他のパフォーマンスレポートおよびパフォーマンスデータと一致しない場合があります。