Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

アトリビューションモデル比較レポートについて

※「ディスプレイ広告(予約型)」は、一部のお客様のみに提供している広告です。


アトリビューションモデル比較レポートとは、コンバージョン獲得に対するキャンペーンや広告グループの貢献度をアトリビューションモデル(ラストタッチ・ファーストタッチ・線形・接点ベース)のスコアで可視化したレポートです。貢献度データを比較し活用することで、複数のキャンペーンや広告グループを横断した予算配分の適正化をサポートします。

また、MCCアカウントで複数の広告アカウントを管理している場合、最大2つのアカウントを指定してアトリビューションモデル比較レポートに表示できます。MCCアカウント配下の検索広告のアカウントも選択可能です。
詳細は「複数のアカウントを指定してアトリビューションモデル比較レポートを表示する」を参照してください。

アトリビューションモデル
レポートで取得可能な指標

アトリビューションモデル

以下4つのアトリビューションモデルより2つ選択し、キャンペーン、もしくは広告グループ単位でのコンバージョン貢献度を比較できます。

ラストタッチ最後に接点を持った広告だけに貢献度を割り当てます。
ラストタッチ
検討行動が短く、機能重視で選択される商材を扱うケースに適しています。(例:単品通販、総合通販、旅行予約など)
ファーストタッチ最初に接点を持った広告だけに貢献度を割り当てます。
ファーストタッチ
初回接触時の印象がより重要となる商材に適しています。(例:輸入車・高級車、ラグジュアリーブランドなど)
線形接点を持った広告に貢献度を均等に割り当てます。
線形
※接点が4回だった場合の貢献度の割り当てイメージ
検討期間が長く、各検討段階へのアプローチが重要である商材に適しています。(例:普通車・軽自動車、保険、人材、金融、不動産、通信キャリアなど)
接点ベース

最初と最後に接点を持った広告の貢献度を40%ずつとし、残りの20%を途中に設定を持った広告に均等に割り当てます。
接点ベース
検討行動に表れないが、ブランドイメージや好感度が購入に寄与しやすい商材に適しています。(例:飲料、消費財、ファッションブランドなど)

レポートで取得可能な指標

アトリビューションモデル比較レポートで取得できる主な指標は以下のとおりです。
※コンバージョン数、コンバージョンの価値には、ビュースルーコンバージョンを含みます。

コンバージョン数(ビュースルーを含む)への貢献度指定したアトリビューションモデルごとに算出した「コンバージョン数」への貢献度です。
コスト/コンバージョン数(ビュースルーを含む)への貢献度指定したアトリビューションモデルごとに算出した「コスト/コンバージョン数」への貢献度です。
「コスト/コンバージョン数」は、1回の「コンバージョン」を獲得するのにかかった広告費用を指します。
コンバージョンの価値(ビュースルーを含む)への貢献度指定したアトリビューションモデルごとに算出した「コンバージョンの価値」への貢献度です。
「コンバージョンの価値」は、コンバージョンによってもたらされた売り上げなどの価値です。
コンバージョンの価値(ビュースルーを含む)/コストへの貢献度指定したアトリビューションモデルごとに算出した「コンバージョンの価値/コスト」への貢献度です。
「コンバージョンの価値/コスト」は、広告費用に対してどれだけの「コンバージョンの価値」がもたらされたかの割合を示す指標です。
変化率指定したアトリビューションモデルのうち、比較元のモデルに対する比較先のモデルの変化率を表示します。
ヒント
  • 「コンバージョン数(ビュースルーを含む)」は、以下のコンバージョンの総数です。
    コンバージョン数(クリック経由)
    ビュースルーコンバージョン数
    コンバージョン数(動画視聴経由)※動画を10秒以上再生(10秒以下の場合は再生完了)後に発生したコンバージョン
  • 「コンバージョンの価値(ビュースルーを含む)」は、「コンバージョン数(ビュースルーを含む)」によってもたらされた売り上げなどの価値です。コンバージョン測定タグタグとは、特殊な記法によってウェブサイト内に記述され、情報の意味づけや分類などに用いられる短い単語・フレーズなどを指します。Yahoo!広告には、サイトに訪問したインターネットユーザーが購入や問い合わせなどの成果に至った件数を測定するコンバージョンタグや、サイトへの過去の訪問履歴をもとに広告を配信するサイトリターゲティングタグなどのタグがあります。また、それらのタグを一元管理できる「Yahoo!タグマネージャー」というサービスもあります。に設定した「1コンバージョンあたりの価値」の合計を指します。